FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tバックで登場!

私は今もそうだが、Tバックフェチである。

以前は街を歩いている時も女性のお尻のライン
に目が行って、どうしようもなかった。


私は彼女に、電話でTバックが好きな事を何度も
話していた。

彼女は、気持ちが悪そうと、自分が穿くのは嫌だと
言っていたが、私は何度もねだっていた。


そんなスケベな話をしながらも、その後、婚約し
結婚に向かって準備するようになっていた。


結婚準備で彼女と久しぶりに会った時、私たち
は駅のホームで待ち合わせ、旅行会社に新婚旅行
お予約に行った後、友人の家に招かれていたので
遊びに行った。


夕食をご馳走になり、何度も「二人とも泊まって行けば
良いよ」と誘ってくれた。


私は、Hを楽しみにしていたが、2泊する予定だったので
Hは明日思いっきりやれば良いか。。と思い彼女に
「泊まらせて頂くか?」と聞くと、非常に困った顔つきで
「無理だ」と言う。


私は友人の好意を丁重にお断りし、予約を入れていた
ホテルに彼女と向かった。


部屋に着くと、早速始めようと、私が先にシャワーを浴び
彼女にシャワーを促した。

彼女が穿いていたスカートを脱いだ時、パンストの下に
黒のTバックが見えた。

「うぉおおおおおーーー」私は、目を疑い、そして心の中で
喜びの絶叫をした。

涙が出るほど、うれしい。生で見た初めてのTバックだった。


彼女が友人のお泊りの誘いを断ったのは、私とやる気
マンマンで、このTバックを披露したかったからに違いない。

私のペニスは、いきり立った。ガチンゴチンである。


シャワーを浴び終わった彼女をベットに押し倒し、身体中
愛撫しまくった。


我慢できなくなった私は、クリトリスを剥き出しにして
それを、舌全体と舌の先で丹念になめ回した。

クリトリスを攻めながら、膣の入り口を指で上下にさすり
上げると、

「あ"あああああーーー、イクぅ、イクッ、ううううーーん」
と喘ぎ声を上げ、彼女は1回目の絶頂を迎えた。


私は、ガチンゴチンになったペニスをゆっくり彼女の
秘部にあてがい、ゆっくりと埋めていった。

「ああああぁぁーー」

声を上げながら彼女の顔は快楽に歪んだ。


私のペニスに快感が襲い掛かってきた。

凄い気持ちよさだ。


私も我慢に我慢を重ねていたので、1回目の早漏は
仕方が無いと思った。

2回目以降で勝負だ!


私は、彼女を突き上げる速度を速めた。


「あ"ーーーー、あっ、あっ、あっ、又イッちゃうぅぅ」

数分前に、クリニングスでイッタとこであるのに
彼女は、既に2回目の絶頂を迎えようとしていた。

イクゥッーー」


彼女が絶頂の喘ぎ声を張り上げたとき、同時に
我慢に我慢を重ねていた私は、彼女の裸体に
大量の精子をぶちまけた。

強烈な快感だった。


しかし、まだまだこれからだ!

しばらくインターバルを取った後、私の2回戦
が始まった。


1度イッいるので、2度目は簡単にはイカない。


しかし、彼女は、感じまくっている。


「気持ちいいぃぃぃー、あああぁん、あああ、いい
 気持ちいいぃ、気持ちいい、気持ちいいっ」


気持ちいいを連呼している。


2回戦目はかなりの時間、彼女の中で彼女を突き上げていた。


私がそろそろ2度目のフィニッシュを迎えようとしていた時

彼女が言った。

「次ぎイク時、私のお口の中に出して」

これにも驚いた。プロ以外にこんな事をさせるのは
初めてだ。

私が以前電話で、「口の中に出してみたい」と言った
事を彼女は覚えていて、それをしてくれようと言うのだ。


ピストンのスピードを速め、私がイク時、彼女は
半身を起こして、私のペニスに喰らいついてきた。

そのまま、私は彼女の口の中に、2度目の射精をした。


射精の最中、彼女の舌は、私の亀頭に絡みつき
更に亀頭の真下の部分を、舐め上げた。


信じられないくらいの快感が10数秒続いた。


射精し終えた後、彼女は、口の中にある私の精子
をゴクリと飲みこんだ。


彼女の顔は火照り、目はうつろに私を見つめ
口の周りに少しついている、私の精子が
恐ろしくエロティックだった。


私は今イッたばかりであったが、ペニスはガチゴチ
のままだ。


彼女をそのまま押し倒し、3度目の挿入を開始した。

彼女の下には私のペニスを突っ込み、上の口には
指を3本ねじ込んだ。

嫌がるかと思ったが、彼女は私の指を嘗め回し
口の中に物が入った独特な状態の声で、悶えまくった。

そして、強くペニスを突き上げると、彼女は身悶えし、
声にならない声をあげ、全身硬直しながら、3回目の
絶頂を迎えた。


昼間、品のある清楚な彼女からは、想像できない
恐ろしくエロティックな姿だった。


この日、私達は2時間近く、SEXしっぱなしとなる。


だんだん、私の精子も出なくなってきたが、この日は
彼女は10回前後絶頂を迎えていたと記憶している。


この時以降、私は声を彼女の了解を得て、SEXの時の
声を録音するようになった。


この日以降、彼女は私とのSEXで5回以上はイクように
なった。


私は、まだまだ、もっともっと、果てしない絶頂の経験
をさせるつもりであった。


次回、彼女が今も好きな、アダルトグッズについて書く。


↓ クリックいただけるとうれしいです。
エログ-(エログランキング)









アダルトグッズを使う





前回、初めて彼女を、小道具を使わずイカせることが
出来たので今回からは、アダルトグッズを使うことを
決めていた。

取りあえず、バイブを購入し、電話で彼女にAVで見た
バイブの事を、「凄いよ」と吹き込んでいた。

最初は「え~、嫌だよ」 と言っていたが、時間を
かけて暗示のように、凄いものだと教え込んでいった。


そう言った、前振りを十分行っておき、会うことにした。

既に、彼女はバイブを使われることを、半ば承知している。

彼女にとっても初体験なのは分かっていたので、恥ずかしさ
や若干の怖さを取り去っておいた。


その日は、ファッションホテルに泊まり、そうして
翌日は、観光する事になっていた。


私はそれまでバイブ使用経験も縛り経験も無かった。

AVの影響と友人がバイブを彼女に使用した
話を聞いて、どうしても自分でもやってみたかった。


又AVを見ているうちに、SMにも興味が沸いてきて
(女の子が痛がるSMはあまり興味が無い)
縛りも同時に行いたかった。


今日は、バイブとロープをカバンに仕込んでおいた。
当時は、ネットが普及していなかったので、バイブ
もアダルト専門店まで購入に行った。

16000円くらいしたと思う。

店のおっさんとは、仲良しになり、色々評価を
聞いて、決定したものだ。

本当は、クリ用とアナル用のロータ付が欲しかった
のだが無かったので、クリ用ロータ付のものにした。


ローソクも欲しかった。

どこに売っているか分からなかったので、なんと
根性を出して、デパートまで買いに行った。

真っ赤なローソクで、今から思えば、脳みそが
その事だけでいっぱいだったに違いない。

この変態野郎め!

デパートで真っ赤なローソクを2本買った。

店員の女の子の顔をまともに見ることが出来なかった。

逃げるようにして、デパートを出たのを覚えている。
( 俺はやばい程、変態かも知れんなぁ。。)

そんな思いをして買ったローソクだった。


シャワーを浴びた後、彼女にキスから始まり
愛撫を重ねていった。


そうして、彼女の興奮を高めて行った後、バイブ
を登場させた。

ローションを塗り、ゆっくりあてがった。


ズブズブとバイブを彼女のワギナに埋めていった。

「いやあーー、いやっ、ううううぅ、あああ」

( 痛いのか?? 否、あああと言っているじゃないか!)

私は、嫌だと言う彼女を無視して、更に、クリロータを
クリにあてがった。

「ああああーー!!」 彼女はクリ派だと知っていたので
初めて受ける、ローターの振動の快感に声を張り上げた。


私は、AVの見よう見まねで、激しくバイブを出し入れ
した。

しかし、これはまだ早かったようだ。あまり、感じている
反応ではなかった。

バイブを奥まで入れ、クリ用ローターがクリを攻め立てる
のが、一番良かったようである。


「そのままにしてっ!」 彼女が言った。

私は、バイブを奥に入れたまま、クリからロータ部が
離れないようにして、少し前後運動をした。

「いやっ! いやっ! あぁあああーー、いぃやぁーー
 イクッ! ううううぅ」


彼女はバイブがイッタ瞬間であった。


その後、彼女をロープで縛りつけ、(今から思えば
下手くそな縛り方だったが。。)目隠しをし、
恥ずかしい思いをして買った、ローソクを取り出して
火をつけた。


直ぐに熱く溶けた、ローソクの蝋を彼女にたらすと
悲鳴が上がった。

「あああああああーーー、あっあっあっ、あつい!」

明らかに、先程までと切迫感が異なった悲鳴に近い
ものだった。

それでも、しばらく続けたが、「あつい! いや
やめてぇ、やめてぇ、やめてぇ、ほんとにやめてぇ」
と懇願された。


苦労して買ったローソクだったが、私は使用を中止した。


その後、ローソクを登場させたことは無かった。。。


その後、使用するアダルトグッズは色々増えた。

現在、彼女がイキまくるのは、こうしたアダルトグッズ
系の小道具を使っている事は言うまでもない。


又、書きます。

↓ クリックいただけるとうれしいです。
エログ-(エログランキング)






3回目のSEX ・初めて二人のSEXでイッた日







3回目の彼女とのSEXは、私と彼女の住む中間地点で
あった時であった。

そして、この日が初めて彼女は私とのSEXでイク事に
なった日である。


私は日帰りと思っていたが、彼女は泊まる覚悟で来ていた。
彼女は私との結婚をこのとき既に意識していたのだった。


昼間に落ち合い、レンタカーを借りて普通のデートをし
夜は、パブで飲んだ後、シティホテルに入った。


彼女と入ったホテルで、シャワーを浴びて出てきた
彼女のバスローブをゆっくりと脱がせた。


キスをじっくりした後、首筋に息を吹きかけ、
唇を這わすと、彼女の口からため息が漏れた。

お互い、2度目のSEXから2ヶ月は経過している。
久しぶりのSEXだ。

彼女は、早々と感じ出していた。

前回の2度目のSEXでは、イッように見えなかったが
今回は、必ずイカせる!と私は考えており、又、彼女も
自分が感じることで、男も喜ぶと前回話をしていたので
恥ずかしさよりも、積極的に感じる事を選んでいたようだ。


私は、首筋から、肩、背中、お尻へと、逸る気持ちを
押さえながら、指と、舌で丹念に丹念に彼女の「女」に
火を灯していった。

うつ伏せになった、彼女の横顔からは、恍惚感が表れており
口からは吐息が途絶えずに洩れてきていた。

「あぁぁ、あっ、あぁぁ」と親指を口にあてがい、徐々に
ではあるが、女の欲情が彼女を覆ってきている。


私は、お尻を責めながら、秘部の近辺まで指と舌は
到達させるが、そのまま秘部には周辺だけにしか触れず
そのまま太ももを下に責めていった。


秘部を責めるのは、全身くまなく指と舌で十分責め
た後に、到達させると決めていた。


彼女は、感じながらも、じれったさを感じてきていた
筈であった。

焦らしながら、私は、両足の指の先まで、丹念に
指と舌で責めた。

足にはマッサージも行い、全身から力が抜けていくように
行った。

サラリーマンであった私は、サウナでマッサージを受けた
事が何度もあったので、ここをこうすれば、良いのか
と言うのは、心得ていた。


足への愛撫が終わり、うつ伏せの彼女を、仰向けにした。

スタイルは抜群とまでは行かないが、バランスの取れた
身体であった。

胸は大きずぎるもなく、小さすぎるも無く、形に
いたっては、超をつけて良いくらい美乳であった。


それを見て、更に私のペニスは、ガチンコチン
に固まった。痛いくらいである。


先だし液があふれ、亀頭はぬるぬるになっている。


このまま、入れてしまいたい気持ちを、克己心
強烈に搾り出し、押さえ込む事に成功した。

さて、次は、仰向けの彼女への責めに取り掛かる。


足から順に、指と舌を使って責め上げ、秘部には
触らず、秘部の周りをじっくり責める。

彼女は、息を「はぁ、はぁ、あぁぁ、あっっっ、うっ」
ともらし、時折子犬が鳴くように「くっぅーん」
と声を上げている。

もの凄い、色気のある声であった。


私の、股間にはマグマが押し寄せてきている。

克己心を振り絞って、上半身に指を先行させた。


ついで、舌先と舌全体を使って、とうとう
胸に到達した。

しかし、ここでも、簡単に乳首には触らない。


乳首の周りを、これでもか!と言うほど愛撫した。

彼女の息遣いは更に激しくなってきている。

「はぁ、はぁ、はぁ、はぁ、あぁあ」


十分乳首の周りを責めた後、左の乳首を
口に入れ、乳首を舌で責めにかかった。

右の乳首は、指で軽くつまみ、転がす。


一気に、彼女のボルテージは上がりだした。

私の頭を両手でつかみ、胸に押し付けながら

「あ”ぁーー、あっ、あぁ、あっ、あっあっ」

更に声が大きくなってきた。


私は右のひざを彼女の股間に割り込ませ
秘部を圧迫した。

彼女の声は更に大きくなり、身体は身悶えした。

約5分ほど、そのような状態のまま、胸を
十分責め、股間は膝で押し付けた後、彼女の
股間に顔をうずめた。


彼女の股間を指で責めようかと思ったが
彼女の興奮が更に激しさを増し、私も
耐えられなくなった。


秘部を両手で開き、小陰唇をめくり上げ
ピンク色の豆粒大のクリトリスをむき出し
にした。


秘部は、十分濡れていた。


私は、彼女のお尻を少し持ち上げるようにし
アナルより少し上から、クリトリスまで
ゆっくり舐め上げた。

「あ”ーーーっ、あっ、あっ、あっ」

私が舐め上げる度に、彼女の声は更に激しさを
増した。


そろそろ、仕上げにかかろう。


私は、一度、指と舌で彼女をイカせる事にした。


この状態であれば、彼女は次の攻撃でイク筈である。


私は、膣の入り口を指で上下させながら、むき出し
になっている、クリトリスに舌を押し当て、舌に力
をかけながら、ゆっくり上下楕円状に回転させた。


一気であった。


彼女は、更に声を上げながら、
「あっ、あっ、あーーーーーーっ」と
長く叫んだかと思うと、そのまま静かになった。

彼女がイッた事を確信した時だった。

しばらくすると、彼女は火照った顔をしながら、半身
を起こした。

どうするのかと思えば、そのまま私のガチンゴチン
になった、私のペニスをつかみ、口に含んだ。


これは、驚きであった。
日頃、おとなしめで、品のある彼女が自ら私の
ペニスをフェラチオするとは、考えてもいなかった。

一生懸命にしてくれていたが、ぎこちなかった事と
驚きがあった為、私は直ぐにはイカなかった。

否、私は、次に彼女をペニスでイカせる事にしていた
ので、ここでイッしまうわけには行かなかった。


しかし、フェラチオでイカない私を彼女は気遣い
「私のお口の中でイッもいいよ」と言った。


「その言葉だけで十分うれしいよ」と私は言い
彼女の手を止めさせ、私は挿入の体勢に入った。


ゆっくりと、ペニスをワギナにあてがい、入り口付近で
亀頭を回転させながら、彼女の焦れを待った。

彼女の愛液と私の先出し液が混ざり合い、クチュクチュ
と音がしだした時、ゆっくりと挿入を開始した。

彼女が「あっ、あっ」と声が洩れ、奥に到達した時に
その声は最大になった。

私は突き上げる速度を早めた。

彼女は身もだえし、声を張り上げながら、私に
キスを求めてきた。

私は突き上げの速度をコントロールしながら
自分がイキそうになるのを、必死で堪えながら
最後の突き上げにかかった。

既に彼女は、声を張り上げながら感じまくっていた。

そうして、私がペニスを思い切り突き上げたとき
「あ”ーーーーーっ!」と完全イッ事が私にはわかった。

そして私は、堪えに堪えていたペニスを彼女から抜いた。

強烈な快感が私の股間から脳天に向けて突き上ると同時に
彼女の裸体の腹から胸にかけて、真っ白なザーメンを
ぶちまけた。

これが、彼女が私とのSEXで初めてイッ時だった。

後から聞いたことだが、SEXの経験はあったが
SEXでイッのはこの時が初めてだったそうで
初めて感じたSEXの快感で、もの凄く気持ちが
よかったそうだ。


しかし、その時もの凄く良かった「初めて得たSEXの
快感」も、女の奥深さはそんな程度のものではなかった。


その後彼女は、1回のSEXで多い時には、50回前後も
愛液を撒き散らし、私の名前と卑猥な言葉、そして

「気持ちいいっ! イクッ!イクッ!  イッてる!
あ”ーっ、 あ”ーっ、あっ、又、又、イクゥー!」

等と、絶叫しながら、そして、訳が分からなくなりながら
絶頂に達する経験を私にさせられるようになる。


強烈な女の快感が継続し、女の喜びを感じながらも、同時に
猛烈に体力を消し、なかなかその絶頂から逃れさせてもらえない
地獄の超快感でもある。


現在も、普段は清楚なイメージで世間から見られている
彼女を、乱れに乱れさせSEXの時は淫乱にさせる。


現在、妻となった愛する彼女への探究心は今も尽きない。


私の経験では、女は3分間くらいの間に、3-6回
はイク事ができる。


その間、私は休むことなく責め続けるので、3分間
ほぼイキっぱなしの時間となる訳だ。


男の射精は、10秒程度であろう。それが女は3分間
も継続する。どれほどのものなのだろうか?


一度イキだしたら、身体が火照った女は、少しインターバル
を取れば、又、何度でも簡単にイク。。


3分間で5回前後イクので、インターバルをとりながら
多いとき50回前後、彼女は私にイカされる事になる。


最近では、ホテルに入る前の心境として、超快感に対する
期待と、感じすぎる自分に少しの恐れがあるようだ。

しかし、超快感を知った彼女は、そこから逃れる事はでき
ないのだ。。


その後のことは、私が彼女を女の快感と絶頂の極限まで
イキつめてほしいと望んで行ってきた軌跡として、今後
書き綴って行きたい。


↓ クリックいただけるとうれしいです。
エログ-(エログランキング)





2度目のSEX

2度目のSEXでは、彼女は、まだ実際に
イッた様には見えなかった。

やはり、どこか構えてしまうのか、私が
下手なのか?

色々考えた。

そうして、話をしている時に「女が感じているの
を見て、男は感じる」と話した。

後で聞くと、その言葉を私から聞いて、恥ずかしい
と思っていたのが、吹っ切れたと彼女は言い、そうして
私の前で、淫らな姿を見せるようになってきたのである。



↓ クリックいただけるとうれしいです。
エログ-(エログランキング)






テレホンSEX







彼女との初めてのSEXは1泊だけであったので
彼女もイッたと言う風には見えないまま、私は帰った。

その後は、頻繁に行き来できないので、電話で卑猥な
話を仕向け、彼女の事を色々探った。

電話をしたまま、目を瞑らせ、手を胸や股間
に這わせるように、出来るだけ優しく、しかし
逆らえない口調で、誘導した。

卑猥な話に時間をかけた事もあってか、私の
指示に彼女は素直に従った。

股間をまさぐるように指示した後、しばらくすると
電話口で突然彼女の呼吸が乱れた。

そのまま、「ううぅ」と呻き声が聞こえた後
急に静かになった。


「イッちゃった。。」と次に彼女が言った瞬間
私の右手の中でも、ドバッーと精子が飛び散った。

電話でこんな事したのは、お互いに初めてだった。

彼女が私の前で、初めてイッのは、私の指示に
よる彼女の指であったのだ。。。

しかし、イク感覚を知っていると言うことは
何度も一人で経験して来たためであろうから
彼女に思い切って、一人Hの経験を聞いてみると
「あるよ」と正直に告白した。

清楚な女として、周りからも愛されている彼女が
一人でHをしていた事を想像するだけで、私の息子
はガチンゴチンになり、その日は、更にもう一度
しごく羽目になった。


↓ クリックいただけるとうれしいです。
エログ-(エログランキング)

プロフィール

aggre69

Author:aggre69
私はこれまで、妻とのSEXには、妻をイカせる事だけに集中してまいりました。
 妻がイク時に同時に私もイッてしまう、20代の頃はそれでも何度でも出来ましたが、それはやはり厳しくなり。色々な事を試して来た記録をメインに書いていきたいと思います。

最新記事
お世話になります
最新記事
女体の神秘
女体の神秘
人妻斬り
アダルトグッズNLS
PING送信
月別アーカイブ
ムラムラって
一本道
どこでも動画
Club EX
エッチな0930(オクサマ)
美人妻
カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
動画サーチ
お世話になってます!
スポンサードリンク
ランキング
リンク
QRコード
QR
カリビアン
カリビアン
カリビアン
エロックスジャパンZ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。