FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めて見る 生オナニー 


昨日、何度もイカせた後だったが、昼間は
普通のデートをして、2日目の待ち遠しい
夜を迎えた。


いつもの通り、シャワー後にベットに押し倒して
今日も、ねっとりと全身くまなく、秘部を最後に
まわしながら、指と舌で愛撫していった。


私は、じらしていた。

彼女が私の手を持って、自らの秘部に持って行く。

彼女の欲情の度合いに、私は内心とても喜んでいた。

結婚が決まって、色々な事を本音で話すように
なっていた。

彼女の今までの経験人数は、2人だった。

内一人とは長く付き合っていたが、私は不感症
なのか?と悩んだ時期があったと言う。

オナニーではイケるが、SEXではイッた事が
無かったらしい。

しかし、彼女は既に私とのSEXで何度も絶頂を
経験し不感症ではなかった事と、SEXの喜びを
恥ずかしそうに話していた。

その彼女が今や、私の手を自らの秘部に
誘導するようになっている。


私は何度も、じらして他の場所の愛撫を続けた。


しばらくして彼女は言った。

「はぁ、はぁ、ねぇ、手でした後、直ぐにあなたの
おちんちんを入れて。。」


「はぁ、はぁ、ねぇ、手でした後、直ぐにあなたの
おちんちんを入れて。。」

何度か繰り返して言う。

「ん?手でした後??」

私は直ぐに理解できなかった。

もう一度彼女が言った。

「はぁ、はぁ、ねぇ、私が手でした後、直ぐにあなたの
おちんちんを入れて。。」



「私が?」と私が聞き返した。

私は身を起こした。


既に彼女は、自分の両手をクリトリスを両側から
挟み込む様にし、右手の人差し指を動かしていた。


衝撃だった。


初めて見る、女性のオナニー姿だった。


彼女は、仰向けのまま、クリトリスにあてがった
右手の人差し指を高速に動かしながら、喘いでいた。


私の全身愛撫で既に、身体には火がついているのだ。


「ねぁ、見て、私が独りでしているところ。。。。あああぁ」


私は「厭らしいぃ、スケベ! すっげぇ厭らしいよ」
と彼女に言った。


「はぁ、はぁ、はぁ、はぁ、はぁ、あああぁ」


「はぁ、はぁ、ねぇ、はぁ、はぁ、イッいい?」



と聞いてきた。


「いいよ、イキな、思いっきりイケ!」

「はっ、はああああぁぁぁぁ、イクぅーーー」

両足をピンと伸ばし、のけぞりながら
右手の指を驚くほど厭らしく、高速に動かしながら
彼女は、私の前で絶頂で迎える淫靡な快感をむさぼり
くらった。


「はっ、はっ、はあ、はあ、はあ」



彼女は、肩を大きく動かしながら、荒々しく
呼吸を繰り返しながら


「ねぇ、直ぐに、直ぐに、おちんちんを入れて!」

「ねぇ、早く、早くおちんちん頂戴」



私は、彼女のオナニーを見ながら思っていた。

遠距離であったので、彼女はSEXでイク事の
喜びを知って以降、一人オナニーをしながらも
SEXで得た快感を忘れられず、オナニー
でイッた後、ずっと生チンコが欲しくて
欲しくて堪らない毎日であったのだろうと。。


私は直ぐに、挿入を開始した。

一度目からゆっくり深く入れてい行った。

「はぁ、はぁ、はぁ、はっ、ああああーー」



彼女は一度目の奥に達したとき、歓喜の声を
あげた。


3度目の突き上げで、既に彼女は

「はっ、はぁーー イク、又イクぅー」



私は激しく突き上げを開始した。

「いやぁーー、イクッ、イクッ、イクーーー」

「あああああああ、あっ、あっ、あっ」


彼女は、私に抱きつきながらイキまくっていた。


「うっ!!」


絶叫がとまった。


私は、まだ激しく繰り返していた。

今、声の止まったこの最中、彼女に絶頂快感
が襲いかかっている所だろう。


小柄な彼女からは想像しにくい凄い力で
私にしがみつきながら、彼女の身体は硬直していた。


私も限界に来ていた。

私は、彼女からペニスを抜き、彼女の裸体に
精子をぶちまけた。

残らず出し切った後、ガチンゴチンのままの
ペニスを再度挿入した。


「はっ、はっぁああああああー、いいぃいーー」


彼女は一瞬目を見開き、身体をのけぞらせた。


本日の私の2回戦目の開始だった。



この日、私たちは、又、少しのインターバルを
挟んで2時間ほどやりっぱなしだった。


今回書こうと思っていたアダルトグッズは
次回以降に書こうと思っている。



[広告] VPS



[広告] VPS




[広告] VPS




↓ クリックいただけるとうれしいです。
エログ-(エログランキング)








コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

aggre69

Author:aggre69
私はこれまで、妻とのSEXには、妻をイカせる事だけに集中してまいりました。
 妻がイク時に同時に私もイッてしまう、20代の頃はそれでも何度でも出来ましたが、それはやはり厳しくなり。色々な事を試して来た記録をメインに書いていきたいと思います。

最新記事
お世話になります
最新記事
女体の神秘
女体の神秘
人妻斬り
アダルトグッズNLS
PING送信
月別アーカイブ
ムラムラって
一本道
どこでも動画
Club EX
エッチな0930(オクサマ)
美人妻
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
動画サーチ
お世話になってます!
スポンサードリンク
ランキング
リンク
QRコード
QR
カリビアン
カリビアン
カリビアン
エロックスジャパンZ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。